みんなの引っ越しノート

   

引っ越し祝いの金額の相場

親族や友人、会社の関係者などが戸建て住宅やマンションに引っ越した際に、お祝いの気持ちとして贈るものが引っ越し祝いです。せっかくプレゼントするのであれば相手に喜んでもらえるものを売りたいものです。引っ越し祝いを渡すタイミングとしては、一般的には新居に招かれた時と言えます。しかし遠方であったり、お呼ばれしたけれど新居にいけないという場合には、引っ越しを告げられた直後、また1か月以内にはプレゼントを贈るのがマナーであるとされています。新築の戸建て住宅やマンションの場合には、新築祝いと呼ぶこともあります。この二つは似たような意味を持つことから間違えられることも多いので、プレゼントを選ぶ際には十分な注意が必要です。
そもそも引っ越し祝いは通常であれば賃貸から中古の一軒家やマンションなどを購入した時に贈られるものです。賃貸から賃貸に移り住む場合には、とくに贈る必要はないでしょう。賃貸から賃貸へ移り住む際にお祝いを贈りたいというのであれば、その際には餞別という形で贈るようにします。餞別はお返しを必要としないため、もしもプレゼントを贈るのであれば、相手に気を使わせない程度の品物を選ぶことが大切です。具体的にはお菓子や商品券、洗剤などの日用品が主流となっています。
金額の相場としては、贈る相手との関係性や付き合い方によりその金額の相場も異なるでしょう。相場よりも高い品物をプレゼントした場合には、相手の気を使わせてしまう可能性もあります。反対に安すぎるものを選んでしまえばけちなのではないかという印象を与えることにもなるため、あらかじめ金額の相場についてはしっかりと確認しておきたいものです。相手が友人の場合には、付き合いの深さで金額の相場も異なります。多くの場合3000円から1万円ほどが相場とされていますが、普段から付き合いのある親しい友人であれば5000円から1万円、たまに合う程度の友人であれば3000円から5000円程度を目安にするのよいでしょう。そこまで親しくないというのであれば、プレゼントを贈ると反対に相手を困らせてしまうこともあるため、関係性が微妙だと思う場合にはプレゼントを贈るのではなく、メールやほかの人たちと連名で贈るなどの方法を考えると良いでしょう。家族や身内の場合には、たいていの場合1から5万円ほどといわれています。友人よりも金額の相場はやや高めになりますが、相手が親や兄弟姉妹などの身内であれば3から5万円、いとこや親せきであれば1から3万円ほどが相場となっています。家族や身内向けの場合には比較的高額となるため、何か品物を贈りたいと思うのであれば、あらかじめ相手に伝えておき、ほかの人と同じものにならないような配慮が必要です。またごく親しい相手であれば、金券類などを贈っても喜ばれます。どのようなものをプレゼントすればよいのか悩んでしまう場合には、現金や商品券などを贈るのもよいでしょう。そして会社関係者の場合には、その立場によっても金額相場は大きく異なります。上司の場合には、一般的には5000円から1万円といわれているものの、普段から特にお世話になっているのであれば相場よりもやや高めに設定すると良いでしょう。反対にあまり付き合いがないというのであれば、個人で贈るのではなく、同じ部署の仲間とお金を出し合って連名という形で贈るのが一般的です。同僚の場合には、3000円から1万円ほどが相場の金額です。普段から仲が良いのであれば5000円から1万円、それほどかかわりのない同僚であれば3000円から5000円の金額を目安にしましょう。部下に贈るのであれば、上に立つ立場の者として、やや高めのプレゼントを選ぶことが一般的です。贈り物を購入するのであれば1万円前後がよいでしょう。

引っ越し , 祝い