みんなの引っ越しノート

   

引っ越しの挨拶で注意をしなければならないポイント

引っ越しの挨拶の際には注意をしなければならないポイントがいくつかあります。全く新しい地域に住む場合には、周囲の人たちも同じように他の場所から引っ越してきた人たちになるため、地域のコミュニティは新たに形成されるものとなることからさほど気にならないことですが、既に町内会等が存在している場所に入る場合にはその町内会の中の人間関係を事前に調査して順番を決めなければなりません。町内会ではまず最初に町内会長にするのがしきたりとなっており、その後班長やリーダー等の順番で挨拶をするのが今後の付き合いを円滑にする上で良い方法となっています。
これは昔のしきたりと考える人も多いものですが、新たな場所に引っ越す場合には長い人間関係を円滑に進める必要があるため、この最初の挨拶は非常に重要なものとなるのです。順番を間違えると人間関係にしこりを残すばかりでなく、中にはこれを根に持って様々な対応を変えると言う人もいるので注意をしなければなりません。
町内会は地域の生活を行う上で非常に重要なものとなっています。行政からの連絡はすべて町内会を通じて行われるようになるほか、ゴミ出しのルールなども町内会で運用することになっており、その町内会長に嫌われてしまうと様々な連絡をスムーズに伝えてもらえなくなったり、ゴミの出し方にも問題が出てしまうことが少なくありません。最近では町内会を軽視する場合もありますが、様々な人間関係を形成する上ではこれは軽視できない問題となるため、しっかりとそのしきたりを守っていくことが重要となるのです。
とは言え、引っ越してきたばかりでなかなかその順番がわからないと言う人が少なくありません。町内会長や班長の名前もわからないと言うことが多いため、その際には隣近所の人に軽く挨拶をするのが良いでしょう。軽く挨拶をしながら町内会長や班長に関して話を聞き、その後正式に挨拶をするのが非常に良い順番です。その順番を誤るとご近所トラブル等の発生もあり得るため十分に注意をすることが必要になるのです。
このような人間関係は非常に難しいもので、最近では町内会に入らないと言う人も少なくありません。しかし町内会に入っていないと様々な行政の連絡がつけられないばかりでなく、トラブルを招いてしまうこともあるので注意が必要です。特に古い団地などの場合にはその力関係が確立されており、力を持っている人に逆らうような形になってしまうと非常に住みにくくなってしまうことも多いのです。せっかく引っ越しをしたのに新たな場所で様々なトラブルに見舞われてしまうのでは色々と生活の支障をきたしてしまうこともあるため、最初にそのけじめをつけておくことが非常に重要となっています。
日本人はしきたりを重んじることが非常に重要となっており、特に引っ越しで新しい場所に住む際には周囲の人たちと仲良く生活をしていくことが非常に重要です。そのためには自分は新たにそのコミュニティの中に入るのだと言う意識を持ち、これらの対応をしっかりと行っていくことが必要となっています。またその際に贈り物はあまり高いものは逆に嫌われてしまう傾向があるため、簡単な気持ちを表現することができるようなものを準備すると良いものです。最近では、このような贈り物もできるだけ簡略化しようとする動きもあり、団地を挙げて取り組んでいるところもあるため、そのような情報はまず最初に町内会長によく確認して行うことが良い方法となっています。引っ越しの際には町内会長や班長など町内で様々な仕事をしている人を見つけてその対応を相談することが非常に良い方法で、その後の人間関係を円滑に進めるためにも効果的な方法となっているのです。

引っ越し , 挨拶