みんなの引っ越しノート

   

引っ越しのおすすめ時期はいつなのか

引っ越しをするのにおすすめの時期は、6月頃だと言われています。特に夏のボーナスが出る時期でもある為、このお金を使用して移転を考える人が多いのです。また6月のジューンブライドをきっかけとし、結婚するカップルも多いです。一人暮らしをしていた人が一緒に住むようになったり、不動産屋が家族向けの物件を狙って出したりもするのです。だからこそ、家族やカップル、単身などの様々な人達にとって、おすすめ時期なのです。この他にも敷金礼金を下げていたり、普段調整しにくい家賃発生日や入居日などの融通が利いたりもします。これに加え、引っ越し費用も安く済みます。ピーク時と比べて、6月は閑散期となります。だからこそ、他の月と比べて格安で業者に依頼が可能なのです。私が以前住んでいた物件はしばらく入居者がおらず、空き家になっていました。大家さんはその状態を避けようと、壁を綺麗に塗り直したり、ガス機能を新しいものにしていたりしました。それに加え、家賃が非常に安かったです。これも大家さんが何とか入居してもらおうとした結果でした。月々の家賃が安くなることは、敷金などが安くなる事にも繋がり、毎月の支払額も安く済むのです。つまり閑散期である6月はこのような物件が増える為、大家さんが設備を新しくする可能性があります。つまり、入居する前からある程度設備が整っているのです。折角移転するのなら、住みやすく価格も抑えられている物件がいいですよね。だからこそ、この時期を狙って探すのが最もおすすめなのです。また、月初めは引っ越し料金が安く、次いで中旬、月末と費用が上がっていきます。つまり月末に移動をして、新しい月初めから新生活を始める人が多いという事も読み取れます。この他にも、平日と休日、祝日ならどの日がおすすめ時期なのでしょうか。その答えは、祝日です。意外と混雑すると思われる祝日ですが、費用は平日とほぼ変わりません。土日は会社や学校などが休みである為、予定を合わせて動きやすい為、比較的高い金額となります。私が実際に引っ越しを行った際、月末に近づけば近づくほど費用が上がっていました。更に上記で述べたように土日になると数万円の差が生じてしまい、予算をオーバーしてしまったのです。その為値段が抑えられる月初めの平日にしました。そして業者の人のスケジュールに余裕が無い日だと、午後や夕方に依頼しているお客さんの時間が遅延してしまいます。それを避けるためには、一番早い午前の時間に依頼し、スムーズに作業を完了させることをおすすめします。早く移転が完了すれば、新居に必要な日用品や家具を探しに行くことが出来、午後に家電の配送を依頼する事も出来ます。
この一方で、ハイシーズンと呼ばれているのは2月から3月です。その理由は新年度が始まる為、この時期に合わせて就職・進学をする人が多く、引っ越しする人が多いからです。混み合う時期だと割増料金が発生したり、希望日にお願いできなかったりもします。更に目を付けていた物件があっという間に取られてしまうこともあります。だから、何事も早めに動いておくべきなのです。特にこの時期は費用も高く、6月と比較して3万円程高いこともあります。この時期に移転したい場合は、平日がおすすめです。更に仏滅や大安などの「六曜」を気にしないのであれば、仏滅の日は費用が抑えやすいと言われています。その為、出来るだけこの時期は避けた方が良いです。もし仕事や学校の都合でハイシーズンに移転する必要がある場合は、出来るだけ早く新居探しを始め、移転日を確定させましょう。早く新居が見つかり、業者に依頼することが出来れば費用を大幅に安くすることが出来ます。そして月初めの平日か祝日に出来るだけ早い午前中の引っ越しをおすすめします。

おすすめの時期 , 引っ越し